キャッシングのメリットとデメリット

カードローンでお金を借りるメリットとして、すぐにお金を手持ちにできるという点があります。例えば消費者金融系であれば最短30分で審査が終わって、申込みから約1時間ほどでお金を手元に入れることができます。

また個人向けの無担保、無保証で大丈夫なので、誰かに迷惑をかけたり協力をしてもらう必要もありません。通常は住宅などを担保にしなければお金は借りられませんが、キャッシングの場合は不動産などの資産を持っていなくてもお金を借りられるのでいろいろなところに融通が効きます。

最近ではほとんどのコンビニATMが提携されているので、どのカードローンを利用してもコンビニATMからお金の貸し出しができます。逆に返済する時も24時間365日返済できるので、財布に余裕がある時にまとめて返済しておくと利息も安くなってお得です。

反対にデメリットとしては金利が比較的高く、住宅ローンが数パーセントに対してカードローンは12~18%程度の金利となっています。例えば30万円を実質金利18%で借りた場合、1年間で5万4千円の利息がつくので返済にはある程度の負担が増えることになります。

また便利にお金を借りられる反面、お金を引き出している感覚でキャッシングできるのでついつい必要以上の金額を使ってしまいがちです。カードローンを利用する前にしっかりと返済計画や借入のルールを作っておいてカード破産などに陥らないようにすることが大切です。

参考サイト → アプラスカードキャッシングのことを知ろう!サービス・メリット

カードローンの選び方

急にお金が必要になった時に便利なのがカードローンですが、カードローンといっても会社によって特徴が異なるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。例えば種類として「消費者金融」「銀行系カードローン」「信販系クレジットカード」の3つが主なタイプですが、審査の方法やスピード、金利や手数料、利用できるATMなどがそれぞれ違うので注意が必要です。

まず、お急ぎの方におすすめなのが消費者金融です。プロミス、アコム、アイフル、モビットなどがそれにあたりますが、審査が早く当日にキャッシングできるのが大きな魅力です。またレイクは1ヶ月間金利なしなどの初めての方向けのサービスも充実しています。ほとんどのコンビニATMで利用できるのもメリットの1つで、借入や返済を便利に行うことができます。

次に長期間にわたってじっくりと借入したい方には銀行系カードローンがおすすめです。なぜかというと他のカードローンに比べて低金利で、また限度額も大きめに設定されています。また総量規制の対象外となっているので、クレジットカードや消費者金融の借入額も審査に影響しません。ただし、金利が低いということもあり収入や職業、持ち家かどうかなどの返済能力もしっかりと判断されます。安定した収入がある職業に就かれている方におすすめなのが銀行系カードローンです。

そして、ネットやお店でよくお買い物される方におすすめなのが信販系クレジットカードのキャッシング枠です。クレカで買い物をするとポイントが貯まるというメリットがありますし、キャッシング枠で利用したお金に関してもポイントが付くところもあります。ただし、金利が高めに設定されているのでできるだけ早めに返済するとメリットも大きくなります。

参考サイト → wikipedia カードローン